Categories
AWS-SAA

SAA-4

A company has an application that runs on a large general purpose Amazon EC2 instance type that is part of an EC2 Auto Scaling group. The company wants to reduce future costs associated with this application. After the company reviews metrics and logs in Amazon CloudWatch, the company notices that this application runs randomly a couple of times a day to retrieve and manage data. According to CloudWatch, the maximum runtime for each request is 10 minutes, the memory use is 4 GB, and the instances are always in the running state.

Which solution will reduce costs the MOST?

A.Deploy the application on a large burstable EC2 instance

B.Refactor the application code to run as an AWS Lambda function

C.Containerize the application by using Amazon Elastic Kubernets Service (Amazon EKS).Host the container on EC2 instances.

D.Use AWS Instance Scheduler to start and stop the instances based on the runtimes in the logs

A

Incorrect. This solution would keep the EC2 instance in the running state 24 hours a day. This solution would not reduce costs.

For more information about EC2 costs, see Amazon EC2 On-Demand Pricing.

B

Correct. Lambda is a fully managed service that would automatically scale when necessary and would be highly available. A solution that deploys the application as a Lambda function reduces costs the most.

For more information about Lambda, see What Is AWS Lambda?

C

Incorrect. This solution would not reduce costs because this solution would still require EC2 instances to be in the running state beyond the run duration of each request.

For more information about Amazon EKS, see Amazon Elastic Kubernetes Service.

D

Incorrect. This solution would not be appropriate because the request times are unpredictable. This solution would create scenarios where the application would not be available because instance launches are not correctly scheduled. This solution would also incur unnecessary costs because the company would be charged on an hourly basis for the EC2 instances instead of on the basis of exact runtimes.

For more information about AWS Instance Scheduler, see Instance Scheduler on AWS.

 

 

Categories
AWS-SAA

SAA-3

A company is designing a disaster recovery (DR) architecture for an important application on AWS. The company has determined that the RTO is 5 minutes with a minimal instance capacity to support the application in the AWS DR site. The company needs to minimize costs for the DR architecture.

Which DR strategy will meet these requirements?

A.warm standby

B.pilot light

C.multi-site, active-active

D.backup and restore

 

A

Correct. This solution meets the requirement for an RTO of 5 minutes. The instances run at a low capacity and can scale within minutes.

For more information about warm standby, see Plan for Disaster Recovery (DR).

B

Incorrect. This solution would not meet the requirement for an RTO of 5 minutes. The instances are idle and unable to run and scale to full capacity within 5 minutes.

C

Incorrect. Because this is an active-active environment, this solution would address the requirement for an RTO within moments. The services are already running at full capacity within that time. However, this solution costs more than is necessary to meet the company’s requirements.

D

Incorrect. This solution would not achieve the RTO of 5 minutes that the company requires.

Categories
AWS-SAA

SAA-2

A company is investigating services to manage vulnerability scans in Amazon EC2 instances and container images that the company stores in Amazon Elastic Container Registry (Amazon ECR). The service should identify potential software vulnerabilities and categorize the severity of the vulnerabilities.

Which AWS service will meet these requirements?

 

A .Amazon GuardDuty

B.Patch Manager,  a capability of aws Systems Manager

C.Amazon Inspector

D.AWS Config

 

A

Incorrect. Amazon GuardDuty is a threat detection service that continuously monitors for malicious activity and anomalous behavior. It does not scan for vulnerabilities.

For more information about threat detection services, see Amazon GuardDuty Features.

B.

Incorrect. You can use Patch Manager to apply patches for operating systems and applications. This does not satisfy the requirement to scan EC2 instances and containers for vulnerabilities.

For more information about automated patch management, see AWS Systems Manager Patch Manager.

C

Correct. Amazon Inspector removes the operational overhead that is necessary to configure a vulnerability management solution. Amazon Inspector works with both EC2 instances and container images in Amazon ECR to identify potential software vulnerabilities and to categorize the severity of the vulnerabilities.

For more information about automated vulnerability management, see Amazon Inspector Features.

D

Incorrect. AWS Config is a service that gives you the ability to assess, audit, and evaluate the configurations of your AWS resources. It does not scan for vulnerabilities or network exposures.

For more information about how to evaluate the configurations of your AWS resources, see AWS Config.

Categories
AWS-SAA

SAA-1

A company is transitioning its Amazon EC2 based MariaDB database to Amazon RDS. The company has already identified a database instance type that will meet the company’s CPU and memory requirements. The database must provide at least 40 GiB of storage capacity and 1,000 IOPS.

Which storage configuration for the Amazon RDS for MariaDB instance is MOST cost-effective?

A

Incorrect. Magnetic storage does not support IOPS as a configurable parameter.

For more information about magnetic storage, see Amazon RDS Storage Types.

B

Incorrect. Baseline I/O performance for General Purpose SSD storage is 3 IOPS for each GiB, with a minimum of 100 IOPS. For 50 GiB of storage, the baseline performance would be 150 IOPS.

C

Correct. Baseline I/O performance for General Purpose SSD storage is 3 IOPS for each GiB. For 334 GiB of storage, the baseline performance would be 1,002 IOPS. Additionally, General Purpose SSD storage is more cost-effective than Provisioned IOPS storage.

For more information about General Purpose SSD storage, see General Purpose SSD Storage.

For more information about Amazon RDS costs, see Amazon RDS for MariaDB Pricing.

D

Incorrect. 50 GiB of Provisioned IOPS storage with 1,000 IOPS would be more expensive than 334 GiB of General Purpose SSD storage.

Categories
未分類

投资日记第一天之ispeed 執行待ち

如图,早上十点多买的,下午5点多还是執行待ち的状态,根本不知道是什么意思,查了下定义如下:

執行待ちというのは「市場へ注文が出される前段階」という状況のようですね。それに対して執行中という状況は「市場に注文が出されたが遂行される前」という状況のようです。

难道是没有人出手煤炉的股票么?观望到明天

Categories
未分類

日本法拍房

1 入札・開札
三点セットを検討し,現地に赴くなどして物件を確認した上で,買受けを希望 する物件が見つかった場合は,執行官室で入札の受付をしていますので手続をし てください。入札する際には買受申出の保証金を提供することが必要です。保証 の額は通常は売却基準価額の2割ですが,それ以上のこともありますので必ず確 認してください。
入札期間経過後,公開の開札期日に裁判所内の開札場で開札が行われ,最も高 い金額で入札した人(「最高価買受申出人」といいます。)が買い受ける権利を 取得します。それ以外の人のうち,次順位買受申出をした人を除く入札人の保証 金は返還されます。なお,保証金が返還されるまでには開札後数日間を要します ので,あらかじめご了承ください。
2 売却許可決定
最高価買受申出人について裁判所が手続などを審査した上,不許可事由がなけ れば1週間以内に売却許可決定をします。特に買受人宛てに書面を送付すること はありません。この売却許可決定については,決定日から1週間の間掲示場に公 示するので自由に見ることができます。
3 代金納付
売却許可決定に対し,執行抗告がなければ1週間経過後に決定が確定し,確定 から1か月以内の適当な日を代金納付期限と定められます。代金納付期限の通知 は郵便(特別送達)で送付します。この通知には,代金の納付方法や所有権移転 等手続に必要な書類の説明が記載されています。
代金の納付期限までに入札金額から買受申出保証額を控除した代金を一括して
納付してください。代金に消費税は加算されません。競売では代金を分割して納 入することはできませんので,あらかじめ資金のめどをつけておく必要がありま す。
期限までに代金を納付しないと買い受ける権利を失い,買受申出のために提出 された保証金も返還されません。
なお,金融機関で当裁判所の口座に振り込んだだけでは代金を納付したことに はなりません。振り込みによった場合でも,所要事項を記載した保管金提出書を 裁判所に提出することで代金納付の効果が生じます。
代金の納付については,次の制度を利用することも可能です。

ローン制度
-1-

融資先の銀行等の金融機関と抵当権設定契約を締結することにより,金融機 関のローンを利用することができます。ローンの利用については,入札する前 に融資先の金融機関にお問い合わせください。ローンを利用する場合の手続に ついては,「競売事件におけるいわゆる「ローン方式」による登記嘱託書の交 付について」を参照してください。
4 所有権移転等の手続
残りの代金(入札書に記載した金額から保証金を差し引いた額)を納付したと きに所有権が移転します。
代金が納付されると裁判所は,登記所に所有権移転登記を嘱託します。
5 代金納付時に必要な書類
登記の嘱託手続のために,代金納付時に次の書類を提出する必要があります。 (1) 購入した不動産の登記事項証明書
(2) 購入した不動産の固定資産価格通知書(マンション等の場合は,敷地部分も
必要です。共用部分についても必要な場合があるので,固定資産価格証明書で はなく,固定資産価格通知書を提出してください。)
※ 不動産を管轄する法務局で固定資産価格通知書を閲覧し,法務局備付けの 確認書に記入したものを提出することが可能な場合もあります。
(3) 買受人の住民票(個人の場合)または資格証明書(法人の場合) (4) 代金納付期限通知書(確認させていただきます。)
(5) 保管金受領証書(確認させていただきます。)
(6) 登録免許税(収入印紙),切手
6 権利証の交付
登記嘱託に必要な書類を提出したあと,手元に権利証が届くまでに約2週間か かります。権利証は登記嘱託書という表題で,法務局の登記済の印が押されてい ます。再発行はされませんので保管には十分注意してください。
7 その他
買受人は,買受代金のほかに上記のように所有権移転登記の登録免許税,切手
代のほか,場合によっては引渡命令の申立費用,滞納債務,必要費・有益費,引 渡命令の執行や残置物処分のための費用などを負担する場合があります。

 

Categories
未分類

centos custom partition

Categories
サーバ

CentOS8 基本セットアップ

  • VMwareを起動し,「新規仮想マシンの作成」を選択

後でOSをインストールを選択し,次へ

ゲストOSを「Linux」,バージョンを「CentOS(64ビット)」として,次へ

次へ

ディスク容量を指定して(任意の値),次へ

ハードウェアをカスタマイズを選択する

新規 CD/DVD(IDE)を選択し,ISOイメージファイルを指定し,閉じる.イメージファイルは,「(自分が保存したディレクトリ名)/CentOS-8-x86_64-….-dvd1.iso」を指定する.

戻った画面で完了をクリック

Install CentOS Linux 8 を選択した後、

インストール言語を英語にします。

幾つか設定項目がありますが、「ネットワークとホスト名」「時刻と日付」「ソフトウェアの選択」「インストール先」の順で基本的な設定を行います。

hostnamectl set-hostname <HOSTNAME> もしくはvim /etc/hostnameでホストネームを変えます

ネットワークが問題なく設定されていればNTPが利用可能です。ここでは日本時間にタイムゾーンを設定の上、日本に存在するタイムサーバ ntp.nict.jp と同期させておきます。

 

 

Categories
未分類

pythonでexcelを自動化する

https://openpyxl.readthedocs.io/ にアクセスして、Excelを操作するpythonのライブラリがあります。

PowerShellでopenpyxlをインストールしてみます。

pip install -U openpyxl==3.0.7

上記のコマンドをPowerShellで実行して、openpyxlがインストールされると存じます。

コマンド実行できない場合は、PATHが正しくないと考えております。環境変数を修正するかpythonを再インストールして、インストールの時、PATHに追加という項目をチェックしてください。

正しくインストールされましたら、上記のプログラムでopenpyxlのバージョンが出てくると存じます。

Categories
未分類

python IDLEについて

IDLEはpythonをインストールするともれなくついてくる便利なツールです。

IDLEには以下の機能がついています。

〇pythonの対話型実行環境であるpythonシェルの機能

〇pythonのプログラムを作るエディタ機能

〇エディタで作ったプログラムをすぐに実行できる機能

IDLEを起動して、2+4*6を入力して、ENTERをおすると、すぐ26が出てきます。