Categories
宅建士

宅地建物取引士

宅建士の業務

重要な事務は、宅建士しかできない。そのため、事務所や(契約する)案内所には成年の専任の宅地建物取引士をおかなければならない。

宅建士しかできない3つの事務

1重要事項の説明

235条書面(重要事項説明書)への記名押印

337条書面(契約書)への記名押印

3つの事務は、専任でない宅建士でもできる。パートやアルバイトの宅建士でもOKだ

 

宅建士証の有効期間は5年だ、更新する場合には知事が指定する講習(=法定講習)を受けなければならない。

宅建士資格登記簿への記載(登録)事項

氏名、住所、本籍

(宅建業者に勤めている場合は)業者名称と免許番号

宅建士証には本籍、宅建業者名称の記載はない。

 

宅建士証の提示が必要な場合

重要事項の説明をするとき

取引関係者から請求があったとき

 

宅建士証に記載されている事項

氏名、住所、有効期限、登録番号等

 

 

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *